セレックを入れて助手兼TC兼DTを採用するか、ユニット2台増設するか

セレックを入れて助手兼TC兼DTを採用するか、ユニット2台増設するか 相談事例集
相談内容

セレックを入れて助手兼TC兼DTを採用するか。
ユニットを2台増設するか。お金の関係でどちらを先にするのがいいか?

勤務医の採用によりDr4名、DH5名(パート2)受付2名になり、今はDr2人は多くの診療はできませんが、今後、ユニットが必要なのか?

退職しなければ・・・という不安もあります。
それならば、セレックでしょうか?

岩渕の回答

結論から申上げれば、明らかにユニットを入れるべきです。

もちろん、Drが退職しなければですが、仮に今いるDrが退職してしまったとしても、チェアがあれば採用できます。

しかし、チェアがなければせっかくのDrも治療さえできません。
治療ができなければ、それが原因で辞めることにもなりかねません。

また、Drがしっかり育って、収益が上がればセレックはすぐに買えます。
チェアが2台で600万だとします。
セレックが800万ぐらいだと仮定します。

Drが育ってチェアをしっかり使って医業収入を上げられるようになったら、Dr1人で250万の医業収入を上げられるようになる可能性は高いです。
2人で500万円。

そのときのDrの人件費が2人で月100万円、かかるスタッフの人件費が50万円と考えると350万円の収益がざっと見込めます。

月350万円もセレックで収益が上がるでしょうか。
かなり厳しいといわざるを得ないです。

1本6万円平均として計算すると、月58本。
かなり厳しいですね。

そうなると、チェアを増設したほうが良いということになるのではないでしょうか。

回答者プロフィール

岩渕 龍正
岩渕 龍正
歯科医院地域一番実践会 代表
歯科医院の移転、リニューアルの際の図面作成には絶対の自信を持つ。
現在は、年間医業収入1億円以上の医院が3億円を目指すための仕組みづくり、組織作りに力を入れている。
歯科界での突出した実績は歯科業界以外からも注目を浴びている。
近年は夫婦で医院経営も家庭も成功させる「夫婦経営成功」にも力を入れている。

現在、申込受付中のセミナー